女性

うつ病を克服して笑顔になる【ココロバランスケアセンター】

心の病との付き合い方

男性

心の病の症状とは

心の病と聞いて思いつくのがうつ病です。症状も人によって様々で、程度が軽い人もいれば重篤な人もいます。自分の気持ちがコントロールできなくなったり、気分の浮き沈みが激しかったり、ちょっとしたことに傷ついてしまったりと、物事に対して悲観的になりがちなのがうつ病です。症状が重たくなってくると、死を意識してしまうこともあり、注意が必要な病気です。何事に関しても完璧を求める性格であったり、真面目な人ほどうつ病になりやすいと言われており、性格も大きく影響します。仕事や悩みを一人で抱え込んでしまうことで、自分を追い詰めてしまいます。心の風邪とも言われる病気のため、うつ病を持った人の相談を受けている人が、同じ症状にかかってしまうこともあります。これも相談を受けているうちに、その人の悩みを自分のことのように受け止め、抱え込んでしまうことが原因です。うつ病にかかると感情のコントロールが難しくなるため、人から見たら些細なことであっても涙が止まらなくなってしまったりします。症状の出方は様々ですが、共通するのは何事にもマイナス思考になってしまう点です。ただ心の病気のため、風邪や腹痛と異なり、誰しもがかかる病気ではなく周囲から理解され難いのも事実です。克服するには時間がかかり、家族や友人、職場の仲間の理解などが必要です。また、この病気を克服するためには的確なタイミングで心療内科にかかり、医師のカウンセリングを受けることが必要です。投薬治療だけで治るものではなく、心の負担を軽くすることが重要になります。自分自身も克服したいと思う気持ちも大切ですが、時間のかかる病気のため気長に付き合い、ゆっくりと病気を克服することを目指す必要があります。

注意するべきこと

前述した通り、心の病のため周囲には理解されにくい病気です。しかし、家族や親しい友人、職場の仲間などには状況を理解してもらい、様々な面でフォローしてもらうことが大切です。心に負担がかかるような無理をすることが一番よくないため、自分が安心できる環境を作る事が必要です。仕事場で追い詰められるようならば休職という手段を考える必要もあります。原因になるものを遠ざけて、心にも休養を与えてあげます。うつ病にかかると周囲からの頑張れという励ましの言葉さえ、自分を追い込む言葉になりかねません。こんなに頑張っているのに、もう頑張れないとマイナス思考になってしまうためです。周囲の人がこの病気自体を理解し、患者自身に負担をかけないように接する必要があります。家族や友人だと、つい前向きな言葉をかけてしまう為、心療内科に通い、医師にカウンセリングを受けることが大切です。家族や友人とは違った第三者に話を聞いてもらうことで、違った意見をもらったり、自分の思っていることをさらけ出す事ができるため、心が軽くなります。医師によっては投薬治療をメインにする場合もあるため、自分にあったカウンセリングをきちんとしてくれる医師を見つけることも重要です。何でも頑張りすぎてしまう性格がうつ病の原因になっていることが多い為、自分の性格をよく理解し、頑張りすぎないこと、この程度でもいいやとちょっといい加減になってみること等、肩の力を抜いて生活することが必要です。時間のかかる病気であることを十分理解した上で、ゆったりとした生活を送ることで克服への近道となります。

Copyright© 2015 うつ病を克服して笑顔になる【ココロバランスケアセンター】All Rights Reserved.