女性

うつ病を克服して笑顔になる【ココロバランスケアセンター】

生活スタイルの改善

医者

周りの家族の協力が必要

うつ病を克服した人は多いです。有名人の中でも良く耳にする内容です。うつ病を克服すことは人それぞれの時間がかかるものです。他の人がどれくらいで完治したのだから自分も同じくらいの期間で社会復帰が出来ると思いこむ患者さんは多いのです。でもどれくらいの期間で社会復帰したいと目標をたてる気持ちになれることはうつ病の患者さんにはとても良いことなのです。症状の中にやる気が起きないことが多いとされている疾患です。患者さん自ら作る目標に向けて治療に専念したいと思える気持ちが出ている時は薬の効果が出ているという意味です。この状態が崩れないように維持させることが重要になるのです。うつ病は予後良好な疾患です。人によって治療期間が違うのは患者さんの病気の程度が関係してきます。克服したいと思える理由の多くは家族のためです。その家族の支えがあって回復が順調に進むものです。家族の協力が今後最も重要になるのです。入院中に病気を克服することが出来て退院が出来た時数か月から数年で再入院しやすいのがうつ病でもあるのです。生活パターンが以前に比べて大きく変わったことで仕事や家庭生活に影響が出て来るからです。患者さんは一人ではないということを患者さんの家族の協力を得て家族にも全てを理解してもらうことが病気を克服出来る第一歩なのです。育児や仕事を今までは一人で行なっていたことを家族が必要な時に直ぐに手を貸せる家庭環境であると患者さんは居場所がここであるとわかるのです。必要とされているとわかれば回復は早くなるのです。

病状は繰り返すもの

うつ病の場合は急性期や寛解期や回復期に慢性期とその時の状態を繰り返していくものです。一度回復して元気になれた時は周りの人から見たら克服したと思いやすいものです。ですが本人が気が付かないうちに再び同じように悪化してしまうことがあるのです。この理由ですが励ますつもりで声をかけた言葉に患者本人を追い込んでしまうワードが含まれてしまうことがあるからです。普通の精神状態であれば気に留めないほどの内容です。なのでそのように話した人も周りも気が付かないものです。ところが本人はその時は気がつかなくても心の奥にひっかかってしまうことです。これが原因となりうつ病が再発しやすくなるのです。これは患者さんが初めてうつ病を発症した原因に関係する言葉でもあるのです。人それぞれ事情を抱えながら生活しているのです。必死になって仕事や人間関係や家事育児をこなしながらうつ病の症状が起きている時でも無理をしながらこなしています。社会で生活して行くためにうつ病になる前の予備軍はとても多いのです。将来さらに多くなりやすいと思われるのは今の子供達の考え方が十年前に比べて大きく変化しています。何か物事を周りと友達と同じ様に克服したいと思う子供が増えているからです。その頃から頑張っている人が限界を感じて体を休ませたいと思うときがうつ病になるのです。回復して社会に戻っても何かを克服しようと次々に難しい目標を作ります。気持ちと体がちぐはぐに動きやすい原因になっていくのです。

Copyright© 2015 うつ病を克服して笑顔になる【ココロバランスケアセンター】All Rights Reserved.