男性

うつ病を克服して笑顔になる【ココロバランスケアセンター】

心の病との付き合い方

男性

うつ病とは心の風邪であり、治らない病気ではありません。ただ、克服するには時間のかかる病気で、家族や友人、職場の仲間などのサポートが必要になります。自分の性格をよく理解し、頑張り過ぎない生活を送ることで克服への近道となります。

» もっと知ろう

生活スタイルの改善

医者

うつ病になりやすい人の多くは高い目標を作り克服しようと頑張る人が多いのです。体や脳が疲れてしまい休憩が必要になっているサインを除外していくことが大切になるのです。また患者さんは一人ではなく居場所があり待っている人がいることを認識すれば回復は早くなるのです。

» もっと知ろう

精神的な病気

医者

原因や症状

精神的なストレスで起こる事病気の代表にうつ病が上げられます。現代の日本では、うつ病にかかっている人や経験したことのある人・克服した人合わせるとかなり多くの人がいます。学校や会社など集団生活を行う場所での認識も増えてきました。病院で診察してもらって診断された人もいれば、病気だと思わず放っておいている人、あるいは診断されるのが怖いと思い病院に行かない人もいると思います。ですが病院に行くとお薬をもらったり治療を受けて症状を克服する事が出来るので、早期解決や症状が収まる、緩和されるケースがあります。ただ診察を受けていない人は、症状が悪化してしまうと他の病気を合起こすことが考えられます。他の病気を発症するとなかなか改善までに時間がかかってしまうので、うつ病になる前に医療機関を受診することで、早く解決していくようにしましょう。病気を悪化させないように、できれば症状が軽くなるようにしたいところです。ではどのようにして症状を克服して、改善していったらよいのでしょうか。

症状の改善方法

うつ病の克服方法として、まず第1に精神的なストレスを減らすことが大事です。人間は誰にでも嫌だなあと思うことがたくさんあります。それを口にだし言ってしまうとトラブルがおこるので我慢をしてしまいます。それがたくさんたまる事でストレスとなってしまいます。普通の人はストレスを受けると、体を動かしてみたり歌を歌ってみたり怒ったり泣いたりと感情に出したりしてストレスを発散解消しようとします。ですから、感情(喜怒哀楽)を開放すると同時に大きな声を出すと良いでしょう。感情を抑え続けることで、筋肉が緊張し血液の循環も悪くなってしまうので、体を動かすことも良いでしょう。血液循環が良くなると体中に血がめぐり、脳の血液循環も良くなるので脳の働きも良くなると、1日中落ち込み続けると言うこともなくなり悪循環も改善されていきます。そうすると、食欲も出てよく眠れるようになり、症状が出なくなってネガティブな考えをおこさなくなります。できればひどくなる前に、一人で考えすぎず周りの人に相談してみたり、病院へ行って相談や診察を受けてみたりするのが一番です。精神科となると行きたくないと思ってしまいますが、心療内科で相談してみましょう。心療内科であれば、単なる頭痛やストレスなどで訪れている人もたくさんいる機関なので、気軽に足を運ぶことが出来るでしょう。また他にもカウンセリングを受けるという方法もあります。1回ではどうしても症状を伝えきれない事もあるので、数回に分けて話を聞いてもらい診断してもらえるようなところ、自分に合うカウンセラーや医師を見つけることが大切になってきます。いろいろなところに行き、いい医師やカウンセラーに出会うためにも、出来れば自分の症状をメモしてから、そのメモに沿って相談をしてみましょう。そうすれば緊張もなく、また的確な症状を伝えることが可能になります。うつ病は早めの克服や改善することが重要です。仕事を続けていくためにも、楽しく学校生活を送るためにも、自分に合った医療機関やカウンセラーを探していきましょう。

心の疲れを癒すために

女性

現代社会ではストレスも多く、その影響もあってうつ病患者は増加傾向にあります。うつ病は重症になると最悪自殺などに発展してしまうケースもあるため、そうならないためにも周囲の協力とともに、治療や改善方法、克服方法などが重要視されています。

» もっと知ろう

Copyright© 2015 うつ病を克服して笑顔になる【ココロバランスケアセンター】All Rights Reserved.